着床前診断 PGT 着床前診断・男女産み分け

着床前診断 PGT・男女産み分け

着床前診断とは

着床前診断とは、胚移植を行う前に染色体や遺伝子の検査・解析を行い、異常がない受精卵を子宮に戻してあげることで、流産を回避したり健康なお子さんを得られるようにするための技術です。

着床前診断には、着床率を上げ流産を減らす目的で、染色体の異数性を調べる「着床前染色体異数性診断(PGT-A)」と、ご夫婦のいずれかが特定の遺伝性疾患の保因者である場合に原因遺伝子を調べる「着床前単一遺伝子診断(PGT-M)」があります。
どちらも移植する前の受精卵に対して行う検査ですが、目的によってどちらを選択するかが異なります。

※以前は、着床前スクリーニング(英語名:PGS=Preimplantation Genetic Screening)/着床前診断(英語名:PGD=Preimplantation Genetic Diagnosis)という呼び名でしたが、 現在は、着床前染色体異数性検査(英語名:PGT-A=Preimplantation genetic testing for aneuploidy)/着床前単一遺伝子欠損検査(英語名:PGT-M=PGT for monogenic/single gene defects)という名称で呼ばれるようになっています。どちら元々使用しておりましたPGS/PGDと同じ検査を指しています。

着床前染色体異数性診断(PGT-A)は受精卵の染色体異常や、男女の性別を事前に判定する検査です。染色体異常のない受精卵を移植することで体外受精の妊娠率を高め、流産を予防することもできます。

着床前単一遺伝子診断(PGT-M)は特定の遺伝性疾患が遺伝していないかどうかを調べる検査です。
日本では一定の条件をクリアし日本産科婦人科学会の倫理委員会で承認を得た症例に限りPGT-Mを受ける事が可能です。

これら検査を受けることで、妊娠中の不安や、妊娠を継続すべきかどうかで悩まれるご夫婦の精神的な負担を減らす事が出来るようになりました。

着床前診断・着床前スクリーニング
着床前診断・着床前スクリーニング

グリーンエイトの着床前診断(PGT-A/PGT-M)

グリーンエイトの着床前診断(PGT-A/PGT-M)

現在グリーンエイトでは、アメリカ及びウクライナの検査機関で着床前診断を提供しております。

弊社が提供する着床前診断プログラムは、海外にご夫婦が渡航する必要が無く、日本にいながら検査を受けることが可能です。

男女産み分けも含めて検査

アメリカ・ウクライナのどちらの検査機関でも受精卵の染色体を調べる方法として、24種類全ての染色体を調べるNGS法という最新技術を導入しております。
NGS法は従来のFISH法や、aCGH法に比べ精度が高く詳細な判定が出来る方法で、以前では発見することができなかったモザイク異常も検出することができます。いずれの方法でも染色体異常によって起こりうる流産のリスクを避け、妊娠・出産の可能性を高めることが可能です。

また、染色体を調べることでX/Y染色体を確認することができ性別を判定すること(男女産み分け)も可能となります。

グリーンエイトの着床前診断プログラム及び費用についての詳細については、お電話(TEL:03-6206-2657)もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

男女産み分けについて

男女産み分けについて 22 組の常染色体と、2種類の性染色体

着床前診断(PGT-A)では性別の判定が可能です。

グリーンエイトの着床前診断プログラムでは、体外受精した受精卵が胚盤胞という状態まで成長した段階で、数個の細胞を取り出し、22 組の常染色体と、2種類の性染色体(XYが男性、XXが女性)を含め、すべての染色体を海外検査機関にて調べます。
その結果、受精卵の性別を事前に知ることができ、ご希望の性の染色体を持つ受精卵だけを子宮に移植することで男女の産み分けが可能になります。

男女産み分けについて 22 組の常染色体と、2種類の性染色体


これまで日本では、着床前診断(PGT-A)を行うことは大変厳しい状況でしたが、現在は着床前診断の有効性を調べる目的で予備試験が行われております。
しかし、こちらも対象条件が定められており、また性別の判定は行わないため男女産み分けは行うことができません。


現在、女性の社会進出が進み、晩婚化や核家族化、金銭的な事情など、様々な事情から着床前診断や産み分けを行いたいと考える方が増えております。 グリーンエイトでは皆様にもう一つの選択肢を提供することで、不安や悩み、精神的な負担を減らすことができ、また新たな希望を見出すことが出来ると考えております。
これらの概念から、男女産み分けも含めて検査を行うことは女性の権利だと考えております。

男女産み分けも含めて検査

安心の専任担当者性

専任の担当者が全てケアします

安心の専任担当者性

不妊治療は女性にとって、また夫婦にとって、精神的にも肉体的にとてもストレスがかかる治療です。また、通常の不妊治療に加えて、海外での着床前診断(PGT)を受けるにはさらに費用も時間もかかります。

グリーンエイトでは安全な国際輸送はもちろん、確実に着床前検査が行えるよう、お客様一人一人に専任のバイリンガル担当者が付き、お問い合わせから検査完了までの全てをケアします。

提携先海外の医療機関・検査機関と密に連絡をとり、お客様にご負担やご不安がないように責任をもってサポートいたします。

凍結受精卵・精子・卵子の国際輸送

グリーンエイトでは2013年から不妊治療の患者様やクリニックをサポートしており、年間100件以上の国際輸送を行っております。
弊社の得意とする国際バイオ・メディカル輸送サービスを通じて、日本から海外への凍結精子・卵子・受精卵の輸送をトータルサービスで提供しております。

「日本のクリニックからの集荷~海外のクリニックまでの配達」をご指定の温度帯を保持しながら輸送します。集荷配達時のチャーター便の手配や、国際輸送に必要不可欠な書類の作成や税関・通関手続き、空港セキュリティーとの連絡など、全てグリーンエイトで一貫して行うことで、スムーズな輸送を行うことが可能となります。
また、お客様のご依頼に基づき、各所と調整を行い最適なスケジュールを提案させていただきます

凍結受精卵・精子・卵子の国際輸送

国際輸送時には、安定した極低温状態を維持するIATA認定ドライシッパーを利用しております。
IATA認定ドライシッパー容器については<こちらから>どうぞ

輸送容器(IATA認定ドライシッパー)について

国際輸送を行う際は、安定した極低温状態を維持するIATA認定ドライシッパー容器を利用しております。

通常、凍結受精卵は液体窒素での保管及び輸送が求められます。
弊社の使用するドライシッパー容器は、タンク内に組み込まれているスポンジが液体窒素を吸着することで、-190℃を15日以上を保つことが可能です。
安定した温度帯を維持しながら輸送することができ、お客様の大切な凍結細胞を確実に配達先まで輸送いたします。

グリーンエイトでは、お客様一人一人に専用のドライシッパー容器とハードケースを手配しております。また、各タンクも管理番号にて厳しく管理されております。

輸送容器(IATA認定ドライシッパー)について

ドライシッパー容器のレンタルプラン

輸送容器(IATA認定ドライシッパー)について

グリーンエイトでは、ドライシッパー容器のレンタルを行っております。
お引越しや、転院などで、凍結受精卵や精子などの移送が必要になった際、ドライシッパー容器での移送が必須となります。
クリニック様で貸し出しができない場合や、個人様で運ぶ場合等、ドライシッパーのレンタルが必要な場合はご連絡ください。

レンタル日数や、料金については、お電話(TEL:03-6206-2657)もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

Copyright GREEN8 Co., Ltd. © 2018